yulumalu

ゆる〜くマルチリンガルを目指す女子大生のブログ

綺麗にノートにまとめるのは意味なし?!英語勉強の効率的なノート術

 

f:id:yulumalu:20190522154259j:image

 

こんにちは、ゆる〜くマルチリンガル、略してYulumaluです。

 

今日は私が良く見る、これって時間の無駄じゃない?と思う英語の勉強の仕方について、改善方法を含めてシェアしていきたいとおもいます。

 

皆さん、英語を勉強する際に

ー自分なりの言葉を付け足したいから

ーノートまとめの過程で覚えられるから

 

等の理由で買った教科書の内容をそのまま書き写す方いらっしゃいませんか?それって時間の無駄かも..?

 

もっと効率よく、実践に早く移れる為にマルチリンガルのオススメの勉強方法をシェアしたいと思います♡

 

 

 

教科書/テキストを買う理由

皆さん教科書を買う理由はなんだと思いますか?

 

そう、一冊にまとめられた知識を得るために購入しますよね。

 

レッスン1〜レッスン10の中に、単語、文法、表現、聞き取り、書き取り等沢山の角度から英語を教えてる教科書は、買った人がその一冊でどこかしらのレベルまで英語を使えるようにリードしてくれます。

 

そのために、本を作成する人は、大切な部分を出来るだけ分かりやすいようにまとめて本にしてくれているわけです。

 

つまり、教科書は重要な箇所をまとめた上で販売されているということ。

 

その教科書の内容をもう一度ノートに移し替えてまとめるという作業は、時間が勿体無いですよ〜!

 

 

あまり頭を使わない時間⁈

可愛いお気に入りのノートに丸写ししている時間や綺麗なペンや可愛い色のマーカーを使ってまとめをしている時間は生産的になってる気分にさせてくれて、沢山勉強している気分にもさせてくれます。

 

私も中学校のころは宿題で、毎回ノートに教科書を丸写し+右側に日本語訳を書くということをしていました。

 

しかし、ノートにまとめている時間って実はあまりインプットされていないと思うのです。

 

暗記をしている時間や、難しい文章問題を解いている時って、頭がううう、と重くなりませんか?

 

まだない情報を頭に取り込もうとすると、反発するのか、10分集中しただけでも疲れてしまいます。

 

しかし、ノートまとめの時間はひたすらルンルンと書いていれば過ぎていきますよね。

 

それはきっとあまり深く考えていないか、書いてるだけで勉強した気になっているかの、どちらか。

 

自分なりに工夫して頭に入れながらのノートまとめをしているならともかく、上に当てはまった人は注意!時間だけが過ぎていて、身についてないかも?!

 

私流ノートの使い方

そんなこと言われたって、じゃあどうしたらいいの?と思われた方に、4カ国目の勉強をはじめた私流ノートの使い方をシェアしたいと思います♡

 

基本は教科書に書き込む

私は基本的に、日本語訳や、分からない単語の意味、似ている言葉や対義語、メモ等は教科書に直接書き込みます。

 

もうすでに出来上がっている対話文、単語のまとめ等の横にメモをとって行きます。直接書くのが嫌な場合は付箋を貼っていくのもいいかもしれません。

 

聞く+読む

最初に英語を話せるようになるステップとして、綺麗に教科書の会話文をそのままノートに書き写すよりも、考えずに口から出てくるようになるまで実際に一人でブツブツと話してみることをお勧めします。

 

教科書にはよく使われる例文が書いてありますよね!例えば、英語の教科書の一番最初に出てくる会話の中から抜き出して

 

i.g) Hello, I am 〇〇. I am from Japan.

訳:こんにちは、わたしは〇〇です。日本から来ました。

 

こんな文章があったとします。

 

こんな文章簡単だよ、と思う人がいらっしゃるかと思いますが、この簡単な自己紹介文、書けと言われたらスラスラ書けてもいざ外国人の前で何か話さなきゃいけなくなった場合に口からパッと出てきますか?

 

私たちは普段学校で書く練習を沢山します。

 

テストで見られるのも、日本語訳に合った英文が書けるかですよね。しかし、実際には筆談をすることはほとんどないと思います。

 

逆にこの定型文が口から出てくるようであれば、そこから書く方に応用するのは簡単だから、口からその文を話してみる練習することをお勧めするのです!♡

 

覚えたいところをノートに書く

そんなわたしも、ノートを持っていないわけではありません。

 

何に使っているのかというと、なかなか覚えられない単語をスペルと音をリンクさせて覚えたいときに使います。

 

例えば、これはわたしがドイツ語の勉強をしていた時に使ったノートの使い方の例です。

 

(先に言っておくと、女子のノートとしては汚いと思われてしまいそうですが...)

f:id:yulumalu:20190522154311j:image

 

Auf Wiedersehen~~ というバイバイするときの挨拶が、なかなか頭に入ってこなかったときの私のノートです。このとき、ブツブツと言いながらスペリングも確かめるためにノートを使いました。

 

これは、もはやノート術とも言えないし裏紙でもやっていけること、つまりきちんとしたノートは実は要らないかもしれないという私の考えです!

 

おわりに

どうだったでしょうか?

 

ノートまとめは勉強した証拠として見せるにはいいかもしれなくても、実際に自分の身についてるかというと、そんなことないというお話をしてきました。

 

表を作ったり書いたほうが覚えやすい場合はノートに少し書いても大丈夫ですが、それを除いた部分は、教科書を汚していくのが勉強の証だなあと思って、どんどん書き込みましょう!

 

私の知らないもっと効率的な皆さんのノートの使い方があるよ〜!っていう方は、ぜひ教えてくださいね^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。それではまた〜。