yulumalu

ゆる〜くマルチリンガルを目指す女子大生のブログ

4ヶ国語目勉強中のマルチリンガルが考える外国語学習で一番大切なこと

f:id:yulumalu:20190428111023j:image

 

外国語勉強TIPシリーズ第一弾です!このシリーズでは、私の自己流ですが、外国語を勉強するにあたって大切だと思うことをシェアしていきたいと思っています。

 

ー沢山単語を覚えたのに、沢山勉強したのにどうしてあの子より私は英語ができないんだろうと比べてしまう

ー私には才能がないのかな、頑張っても無理なのかな?って自信やモチベーションがなくなってしまう

ー帰国子女とかインターナショナルスクールに通う人の環境が羨ましくなってしまう

 

外国語の勉強過程でそんなネガティブマインドセットに陥ってしまう人は少なくないかと思います。

 

実は上の三つの例には共通する点があります。それは他人からの評価や他人の能力を軸にして自分の言語力を判断しているということ。つまり、どのくらいその言語について知識があるかということをテストの点数や周りの人の判断で決まってしまうということです。

 

当記事では他人軸の評価をしてしまう理由、そしてその解決方法をまとめてみました♡

 

 

点数や成績で競う文化

はじめに、どうして評価が他人軸になってしまうのか?というところについてお話しして行きたいと思います。

 

私たちは幼い頃から点数を競い、成績を競い、持っている資格で競い...その中でいつでも点数が高い人が「すごいね」「頑張ったね」と褒められる、という環境で育ちましたよね。

 

高校や大学そして就職先は、その人のポテンシャルや経験(学業以外で得意なこと、乗り越えてきたこと、工夫して成功こと等)よりも、学業成績やその他の活動(部活やコンクール、大会の成果)で出した成果が重要視されることが多く、世間的に“良い学校”、“大企業”とされるところに入ることが目標になる。

 

だから間違えたらダメ、誰よりも点数が高くなくてはいけない、他の人より“すごくなくてはいけない”というような思考になるようになってしまったのです。

 

勿論ここでお話ししたいのは、それが間違っているとかこっちの方がいいとかそうゆうことではありません!

 

今からはそのプレッシャーを脱ぎ捨てませんか?ということです♡

 

同じ言語学習でも、社会からの評価のために必死で勉強するよりも身軽に楽しく自分のために勉強した方が、伸びるし充実した時間になります。なぜなら意図している目的が違うからです。誰かに〇〇に見えるように勉強するよりも、私がこうなりたくてこうしたいから勉強する、というスタンスで勉強しましょう!

 

言葉って難しい 

そして次に...言葉って難しいの。

 

日本語にだって難しい単語や漢字や言い回しが無限と存在します。だから、同じ日本生まれ、日本育ちの日本人のの中でも絶対に使える日本語の量とか質って変わってきますよね。

 

外国語はその名の通り外の国の言語。日本語ですら難しいのだから、外国語が難しいのも、最初は何が何だか分からないのも当たり前です。 

 

でも難しいからこそ、努力して言語を使えるようになった人に多くのチャンスをもたらし、世界も広げてくれます♡秒で世界の国の言葉が全て分かるようになってしまったらつまらないですよね。難しいからこその乗り越えた先に見えるものがあると信じて、勉強しましょう^^

 

>言葉のレベルを人が目で見える数値で表すのって難しいことだし、誰の方が上手とか下手とか、そうゆう観念自体がおかしい気が...

 

皆違う順序、やり方、スピードで学ぶ

コンクリートの道、雨の後のドロドロの道、雪が積もってる道、カーブが多い道、まっすぐな道、上り坂、手すりがない急な下り坂。人それぞれ色んな道に色んな順番で出逢い、歩き続けるのです。

 

皆同じ道しか与えられなかったらつまらないじゃないですか!人生それぞれたくさんの経験をするように、外国語も皆それぞれのスピードや方法で習ものだと思っていただければ良いかと思います。

 

同じやり方で勉強したって、Aさんは10くらいできるようになるけどBさんは5しかできるようにならないかもしれない。でも他のやり方で勉強したらBさんは20できるようになるかもしれないんです。

 

友達も私も全然違う道を歩いているんだから、同じように歩きたいなあと思わなくていいのです。

 

そして何年も勉強している人と、始めたばかりの自分の言語力を比べる人がいますが、それは100km歩いた人と1kmしか歩いていない自分を比べて、同じ景色を全部見ようとするのと同じです。

 

今ペラペラに外国語を話せる人だって昔はThis is a pen.みたいなところから始めて、沢山努力や経験をして話せるようになったはず。

 

だから自分が今まで歩いてきた道を振り返って、

おお〜、こんなに歩いてきたのかあ、お疲れ様、自分。

と言ってあげましょう♡

 

 

成長に目を向ける

少し内容がかぶりますが、具体的にどう成長に目を向けるかについてお話しします。

 

言語を勉強する時には、周りの人のことを全部忘れて、自分の過去と今を比べることに集中してみてください。

 

ー10個単語を覚えた!

ー英語の歌詞を理解しながら聴けるようになった!

ー思わずoh no とくちから英語がでた(笑)

ーなんとなく分かるかも...!

 

など、なんでも良いです。些細なことでも。今日はこんなことができるようになった、と昨日の自分よりもできるようになったことを見つけて、ほめてあげて、自分の言語学習の道を楽しむこと!!♡ 

 

さいごに

言語に限ったことではないですが、自分の人生や評価は人に決めさせずに自分の中での成長をきちんと見つけてあげて、自分で評価してあげることが大切だな〜と、22歳になってやっと悟りました。

 

みなさん、気楽にマイペースに自分の成長を楽しんでくださいね♡

 

最後まで長々と読んでくださりありがとうございました。

外国語勉強TIPシリーズをこれからも書いていきたいと思うのでよろしくお願いします。